不動産売却で相場を調べる方法とは?机上と訪問の査定の違いについても解説

2024-05-09

不動産売却で相場を調べる方法とは?机上と訪問の査定の違いについても解説

この記事のハイライト
●類似物件や公的価格を参考にすることで周辺の相場価格を調べることができる
●机上査定のメリットは数日で査定結果を知ることができる
●訪問査定は、現地や周辺の条件を加味して算出することで正確な査定価格を算出することができる

不動産売却は売却価格を決めることから始まります。
売却価格は、机上査定と訪問査定による査定と不動産の確認をして売却価格を決定していきます。
査定によって売却価格を知ることで、住宅ローンの残債の返済や住み替え先の計画など売却の計画を立てやすくなります。
査定は不動産会社がおこないますが、不動産売却では自分でも価格相場を知っておくことも大切です。
ここでは、査定方法の違いや自分で価格相場を調べる方法について解説していきます。
山梨県甲府市において不動産売却をご検討中の方は、この記事で不動産売却の査定や相場の調べ方について確認してください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で査定の前に自分で相場を調べる方法とは

不動産売却で査定の前に自分で相場を調べる方法とは

不動産売却をするときには、売却価格の相場を知っておかないと、価格が高すぎて売れない不動産となってしまうことになってしまうこともあります。
ここでは、査定に出す前に自分でも価格相場を調べる方法を解説していきます。

類似物件を参考にする方法

簡単に価格相場を調べる方法が、類似物件を見ることです。
インターネットの不動産情報サイトに掲載されている、売却予定の物件と類似の不動産情報を調べることで価格の相場を知ることができるでしょう。
不動産には同じ物件はありませんが、近隣の不動産や間取り、立地、種別など条件が近い物件があります。
このような類似物件を売却しているサイトを見ることで、売り出す価格の相場を知ることができるでしょう。
また、成約事例を参考にしたい場合には、不動産流通機構が運営するレインズマーケットインフォメーションで、過去の成約事例を見ることもできます。
現在売りに出ている価格も大切ですが、過去に成約した価格を知ることで、より価格相場の精度を高めることにもつながります。

地価公示を参考にする方法

不動産は類似物件を参考にする実勢価格とは異なる、地価公示などの公的価格を参考に価格を決める方法もあります。
地価公示
地価公示は、国土交通省が毎年1月1日に発表している公的な土地の参考価格です。
地価公示を調べることで、坪単価や㎡単価を参考にして土地のおおよその価格を調べることができます。
相続税路線価
相続税路線価は、国税庁が毎年発表している価格で、道路の種類なども参考にしており、相続税や贈与税を算出するときに用いられる指標です。

弊社が選ばれる理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の価格を算出するための机上査定とは

不動産売却の価格を算出するための机上査定とは

不動産売却時に売却価格を決める方法として机上査定があります。
机上査定とはどのような査定方法なのか解説していきます。

机上査定とは簡易査定のこと

机上査定は、類似物件や不動産の謄本や公示地価などから確認することのできる数字や条件を参考に価格を算出する査定方法のことをいいます。
謄本や公示地価などの情報は公的な情報ともなるため、根拠としては十分ですが、不動産の現状を見ることなく査定価格を算出するため、目安としての価格となります。

机上査定で参考にする値

机上査定では、次のようなデータを参考に価格を算出しております。
周辺の類似物件の成約事例
机上査定では、周辺の類似物件の成約価格や面積、方位、間取りなど物件の数値を参考にして価格を算出します。
謄本の物件情報
不動産の情報が記載されている謄本の数値やデータも参考となっています。
謄本では、所在地や面積、構造、築年数などの情報を取得することができ、これらの情報も机上査定で売却価格を算出するためのデータとして活用されています。

机上査定のメリット

数日で査定結果を知ることができる
机上査定は、データや情報を知ることができれば直ぐに査定価格を算出することができます。
そのため、直ぐに価格を把握しておきたいときには数日で価格を知ることができ、有効的に活用することができます。
手間が少ない
机上査定に必要な書類は、基本的には不動産会社が調べて取得します。
そのため、資料を準備したり取得しに行ったりする手間が少なくてすみます。
また、現地を調べる必要がないため、不動産会社と日程を調整することもなく、依頼することができます。
遠方でも知ることができる
遠方にある不動産の売却を考えているときに、まずは売却価格を知りたいという場合でも、現地に立ち会いをする必要がないため、足を運ばずに査定価格を把握することができます。

弊社が選ばれる理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における訪問査定とは

不動産売却における訪問査定とは

不動産売却で売却価格を知るための2つ目の方法が、訪問査定です。
訪問査定とは、机上査定後に不動産会社が実際に現地を視察して査定価格を算出するという方法です。

訪問査定の根拠

訪問査定では、現地を直接確認して売却価格を決めていきます。
現地では、建物のなかのみならず、周辺の騒音や日当たり、道路の状況など物件に関係するがデータでは分からない点まで細かく確認をします。
そのため、環境によっては机上査定で算出した価格と比べて変動することもあります。

訪問査定に備えてやっておくこと

訪問査定では、現地を見るため、次のような対策をすることで、査定価格にも影響することがあります。
綺麗に清掃しておく
汚れている不動産と綺麗な不動産では、売却時の印象も違います。
そのため、綺麗な状態のほうが買主に与える印象も良くなるため売却価格も高くなるでしょう。
壁紙の汚れや床の傷みなど、建物に影響を与えそうなものがある場合には、事前に修繕や清掃で綺麗にしておくことで評価を高くすることができます。
また、土地の売却の場合には、雑草を除草しておくと土地としての印象も良くなります。
間取り図やパンフレットを用意しておく
不動産を購入したときのパンフレットが手元にあると、正確な不動産の情報を得ることができます。
情報によっては、性能評価や耐震強度に関する評価を知ることができ、プラスな点となることもありますので、準備しておくと良いでしょう。
また、パンフレットと同様に間取り図があると不動産会社も正確に各部屋の広さやリノベーションの可能性などを知ることができます。
もしも、購入時からリフォームやリノベーションによって間取りを変えている場合には、当時の図面だけでは情報に差異が生じてしまいますので、リノベーション後の間取り図や設備関係の仕様書も準備しておくと良いでしょう。

訪問査定のメリット

訪問査定では、机上査定とは違うメリットがあります。
正確な数値を知ることができる
机上査定では、目安となる数値のみですが、訪問査定ではデータだけでは把握できない点まで加味することができますので、正確な相場価格を算出することができます。
条件によっては、机上査定よりも高い査定金額になることもあります。

弊社が選ばれる理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却をするときには、売り出し価格によって売却するスピードが変わってきますので、査定価格についての準備は非常に大切です。
売り出し価格を決めるための査定において、自分で相場価格を知っておくことで、高すぎず安すぎない適切な価格で売却することができます。
机上査定と訪問査定を上手く活用しながら不動産売却を進めていきましょう。
株式会社ビルドトラストでは、山梨県甲府市を中心に不動産売却をお手伝いしております。
不動産売却をご検討中の方は、お気軽にお問合せください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

055-268-2208

営業時間
09:30~18:30
定休日
水曜日・日曜日

売却査定

お問い合わせ